2017 / 03
≪ 2017 / 02 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2017 / 03 ≫


ストーブ前でくつろいでいたマル いつの間にかはみ出ています。
な~んでか・・?   様子を見ていると原因はいたずらっ子のクマ。
ストーブの前に陣取って集まって来る他の子たちを叩いたり,上から
乗っかってみたり,尻尾にじゃれついてみたり・・・
之では落ち着いてくつろいではいられません。
クマの性格ではあまり外に出せませんし、もう少し大人になるまでは
他の子たちに迷惑かけそうです。


ナナコさん いくら薬を続けても肺炎が治らず,相変わらず咳き込んでいた
ので薬飲ませるのは止めにしました。
代わりにインターフェロンを買って来て今は日に一回舐めさせています。
飲ませる薬より使い易いしお代も半分以下だし他の子にも使えて便利。
此処暫くは、鼻がぐずぐずしてはいるもののそんなにひどい症状も出ず
小康状態。


保護以来五ヶ月近く一度もも外へ出たことのなかったクマ。
二月二十七日の朝,遊びに行こうと窓から外へ出たマルについて
うっかり外へ出てしまいました・・・なにせ超ビビり猫、恐怖心にかられ
パニック状態。
すぐに玄関を開けて呼び込もうとしたのですが,怖い一方のクマは
玄関の方へ来るどころか悲鳴を上げて裏方向へ走り,そのまま姿を
消してしまいました。呼べども呼べども返事もせず・・・
27,28日と朝は0℃そこそこの冷え込み。今までストーブに寄り添って
いた猫がいきなり外で野宿するはめになりました。

一日目の夜は何処に潜んでいたか出て来ず,二日目の夜やはり寒かった
のでしょう 九時くらいには家の傍まで来て鳴きまくっていました。
すぐに玄関を開け入れようとしたのですが,怖さいっぱいだったようで
また走り去ってしまいました。また呼んでも返事もせず・・三日目の夜も
遅くなって来ると家の前まで来て鳴いていたので・・・
今度は声はかけず他の猫たちをベッドの部屋に閉じ込めてから入り口を
少し開け待つ事十分程…今度は逃げ込むように駆け上がって来ました。
部屋に入るやすぐに入り口を閉め身柄確保?(^_-)-☆ 出来ましたが・・
まるで知らないところへ閉じ込められたような態度で逃げ回り
隠れるありさま・・・ 此の子 性格上パニック障害があるかも。

一晩経つとやっと落ち着いたようで今迄通りストーブの前でくつろぐように
なりました。 一時はまだ生後半年くらいなのにいなくなってしまうのかと
思いました。ほんと世話の焼ける子・・・


一人で遊ぶマヤ